園のこだわり

はないちもんめ

2019.11.19

11月19日(火) 晴れ

今日は、ある土曜保育での遊びの一場面をご紹介します。

 

何をして遊ぼうか、みんなで話し合いをしていると、

「はないちもんめ、やりたい!」と、一人の女の子が言いました。

でも、「いいよ」と賛成する子もいれば、「やだ」という子もいて、なかなか話

がまとまりません。時間は刻々と過ぎていきます。

 

すると、

「じゃあ、5回やったら自由遊びしようよ」と一人の男の子が提案!

やっと?遊びがスタートしました。

さぁ、それぞれのチームで誰を指名しようか、相談します。

相手チームに気付かれないよう、そ~っと話をしないとね・・・

 

「じゃんけんぽん!」「あいこでしょ!」

「勝ってうれしい、はないちもんめ♬」「負けて悔しいはないちもんめ♬」

    

 

勝ったチームは笑顔に、負けたチームは悔しそうに相手チームへかけ寄ります。

 

 

増えたり、減ったりを繰り返しながら、楽しむ子どもたち。

 

が、しかし。

ある時、残り2人になってしまったチームが・・・。

次のじゃんけんで負けたら、一人になってしまいます。それは、大変!

相手チームの誰を選ぶか今まで以上に真剣に考えます(^^)

さぁ。結果は???

 

 

「やった~!勝った~」

 

最後は、人数が増え、大喜びした3人でした♡

 

 

私たちも小さい頃、経験したことのある「はないちもんめ」。

言葉の言い回しなどは、時代や地域性の関係で少し変化はしていますが、

集団あそびの楽しさは、変わっていないようです。

 

ちなみ・・・。。

5回と言っていた子どもたちですが、その後もず~っと楽しんでいました笑

 

今も、昔も、楽しめる遊びは同じなのかもしれませんね。

これからも、そのような人とのかかわりを楽しめるような遊びを、現代の子ども

たちにもっとつなげていけたらいいなと思います。

               

投稿者:松本(恵)

カテゴリ:たま保育園 - 園のこだわり

焼き芋美味しいね♪

2019.11.18

今朝は、天気が少し心配でしたが晴れたので安心しました。

以前、さくら組は養護老人ホーム、すみれ・たんぽぽ組は森ファームでさつま芋掘りをし、

今日は、そのお芋を使って子どもたちが楽しみにしていた焼き芋を作りました!!

 

朝から子どもたちと準備開始!!

保育室にさつま芋が入っているコンテナを運んできて

タライに水を張り、しっかり泥を落としました。

朝だったこともあり、「少し、お水冷たいね」「手冷たいよ」と話す子や

「お芋きれいになったかな」と何度も洗っては、確認する子も居ましたよ♪

 

綺麗になったさつま芋を適当な大きさに切って

新聞紙で包み、しっかりと濡らしました。

新聞紙は、水を付けたことで切れやすくなり

中のお芋が見えてしまう物もありましたが

子どもたちは、「みんなでやったら美味しいお芋食べられるよ」と

一生懸命包んでくれていました!!

 

沢山入って重くなったタライ。

保育者が運ぼうとすると…

「重いでしょ?」「一緒に持つ?」と

たんぽぽ組の女の子たちが次々に集まり、

一緒に運んでくれました!!

周囲をよく見て、どうしたらいいのか考えて行動している姿に嬉しくなりました☆

 

準備ができると焼き開始!!

園庭で園長先生が火を熾して焼き芋作りをしてくれました。

戸外に出た子どもたちは、興味津々。

アルミホイルを巻く所を見ると…

「やりたい!!」と進んでお手伝いをしていました♪

 

戸外で遊んでいても気になるのは、やっぱり焼き芋!!

焼き芋の様子を何度も確認し、「もう食べられる?」「早く食べたいな」と

待ち遠しいようでした。

テラスに座って食べると…

焼きたてだったこともあり、

「熱い」「あー甘い」「美味しい」「もっと食べたかったな」と

沢山の声があがり、「みんな頑張ったから美味しいね」なんて声も聞こえましたよ♪

おやつの時間にも少し食べることができ、みんな嬉しそうでした!!

 

朝からの準備、子どもたちも少し大変だったようですが

みんなで美味しい焼き芋を食べられて大満足の様子でした☆

投稿者:松本

 

 

カテゴリ:たま保育園 - 園のこだわり

給食まだかなぁ

2019.11.15

  11月15日(金)晴れ

 

今日は、誕生会がありました。11月生まれのお友だち!お誕生日おめでとうございます。保育園での誕生会「去年の誕生会は〇〇だったね」と誕生会で子どもたちの成長を感じていただくことはできましたのでしょうか。また、初めて参加された保護者の方は、次の誕生会での姿を楽しみにしていてくださいね。

 

毎日成長していく子どもたち、私たち職員も驚かされたり、歩みだした大きな一歩に感動させられたりしています。

 

さて、今日は給食室を覗いているもも組さんのお友だちの様子です。

 

ひとりの男の子が、ハイハイしながらお部屋から廊下にでてきました。すると、年長の女の子と遭遇し、じーっと立っている女の子を見つめています。人の動きを目で追うことができるようになり、微笑むこともできますから、見つめられた女の子は、少し恥ずかしそうにしていました。

ハイハイは、手のひらは床についてふんばり、足の親指でふんばるように前に進みます。身体の隅々を使う全身運動、時々一緒にハイハイをすると、疲れてしまいます・・・。ハイハイやずりばいをすることで、行動範囲がグンと広がり、給食室を覗きにいけるようになるのです。ご家庭では、目が離せなくなってきますよね。

 

つかまり立ちをして、背伸びをして、給食室をのぞいています。中の調理員さんと目を合わせて、何かやりとりをしているのでしょうか・・・?目でふれあうことが出来るようになるので、調理員さんも見つめられて、微笑まれると、笑顔になりますね。疲れも吹き飛ぶようです。

・・・、じーっとみています。

つかまり立ちや伝い歩きをするようになってきたころ、しりもちや転倒などに気を付けてみています。昨日の夕方の合同保育時には、たんぽぽ組の女の子が、もも組の女の子がつかまり立ちしている後ろについてあげている姿がありましたよ。後ろに倒れてくるかもしれないことに予測ができていることに関心しましたし、やさしい気持ちが育っていることにうれしくなりました。

何をみているのか近づいてみてみると、職員の給食が並んでいたのですが、おいしそうに見えたのでしょうね・・・。調理員さんと、みんなでそっと見届けた一コマでした。

 

おまけ:カメラを持っていると、子どもたちから「撮って~」と言われます。「撮って~」と言われた何枚かを合わせて添えたいと思います。

 

 

 

カテゴリ:たま保育園 - 園のこだわり

保育園の朝

2019.11.14

 

今日は保育園の朝の様子をお知らせしたいと思います。

 

おうちの人に送ってもらったり、バスで登園してくる子どもたちですが

離れるのが寂しくて泣いてしまう子や登園してすぐに遊び始める子

先生にくっついておとなしくしている子それぞれです。

しかし、少しするとすぐに落ち着いて好きな遊びに取り掛かります。

今日の朝は風船・車・絵本が出ました。風船はいつも大人気で上に投げて

上手に弾く子がいたり、自分の好きな色を大事に抱えて持っていたり

時には取り合いになってしまう事もありますが楽しんでいます。

車や絵本は近くにいる先生に見せに来てどんな車か教えてくれる子もいます。

女の子が動物の絵本を読んで欲しいと持ってきていました。すると先生の所で

泣いていた別の女の子が泣き止んでみんなで絵本を見る姿がありました。

また、ばら組以降はシール帳も自分でシールを貼ったり、コップとタオルを掛けます。

シール貼りは子どもたちにとって楽しみの一つでもあり、今日はどんな柄を貼ろうか決めて

日にちを教えてもらいながら行っていますよ。

 

 

 

自分で出来る楽しみがあることで色々な場面でも意欲が出てくるので

そのような姿がある時には“やりたい”という気持ちを尊重して

見守っていくことを心掛けたいなと思いました。

 

 

★おまけ★

もも組の戸外あそびで可愛らしい姿が見られたので

載せますね!

台車にはまってくつろぐ女の子と

他のクラスで使っていたオオカミのお面が怖くて

隠れる男の子です♪

 

                     投稿者:須藤

カテゴリ:たま保育園 - 園のこだわり

発表会まで…☆

2019.11.13

2019年11月13日(水)☀/☁

 

今日は幼児クラスの様子をお伝えしようと思います。

幼児クラスでは、発表会に向けての活動の時間が増えてきました。

まずは、すみれ組です。

楽器あそびをしました♪

カスタネットを手に持ちニコニコしながら叩くことを楽しんでいました。

保育者の真似をするリズム打ちでも、とても集中していました。

叩いて音が鳴るということにも喜んでいるようでした。

 

次にたんぽぽ組です。

ピアニカで演奏する曲の弾き方などを保育者が伝え、自分で練習する時間を設けました。

その後、ピアノの伴奏と共に弾き、友だちの演奏を聴くことを通して自分の弾き方に気付きを持った子もいたようです。

演奏中もとても集中して取り組む姿が見られています。

 

最後にさくら組です。

さくら組みんなで決めたダンスの様子です。

子どもたちの中では、「カッコいいのが踊りたい!」という声が多かったようです。

衣装や振付なども…【 カッコいい 】という言葉がキーワードのようです。

曲も「これ、パパが好きなんだよ」「ママと一緒に見たことあるよ」と話す子が多くいました。

踊りが大好きなさくら組なので、とても集中し真剣に取り組む姿が見られています。

「毎日踊りたい!!」と言う子も多くいるほどです。

子どもたちからの意見や考えを聞きながら

発表する内容を考えています。

クラスみんなで作り上げる作品になるよう楽しく取り組んで行きたいと思います。

 

投稿者:寺方

カテゴリ:たま保育園 - 園のこだわり

避難訓練を行いました。

2019.11.12

11月12日(火) 

 

今日は、たま保育園の月に1回行われている避難訓練の様子をお伝えしたいと思います。

毎月行われている避難訓練ですが、年間を通して計画を立てて実施をしています。

11月の避難訓練は【震災と部分訓練】でした。

今回の想定は、日中活動中に震度6強の地震が発生、第一避難場所では危険と判断し、第2避難場所の江川北小学校まで避難をする。

という設定でした。

 

非常ベルが鳴り、子どもたちは日頃行っている訓練同様に、避難をスムーズに行うことが出来ました。

子どもたちはいつも以上に放送の内容に耳を傾けてくれていたように感じます。

どのような放送の内容だったのかを質問してみると…

 

「大きな地震が起きているのでテーブルの下に隠れてくださいって言っていました。」

「地震がとまったので、園庭に避難してくださいって言っていました。」

と第1報、第2報と2回にわたる放送の内容を答えてくれました。

その後、第2避難場所への避難は防災頭巾を被り、そのままクラスごとに歩いて江川北小学校へ向かいました。

    

お散歩とは異なる、避難という形での移動に子どもたちも緊張感を持って移動が出来ていたようです。

 

江川北小学校へ到着後には再度、人数の確認、園長先生からのお話を聞きました。

今回の部分訓練を通して、こんな訓練もあるんだ…。と特に幼児クラスの子たちは気づくことができたのではないかと思います。

今後もたま保育園として、災害に備えた訓練の方法をしっかりと計画し、起きては欲しくないですが、いざという時に活かすことのできるように職員一同で実施していきたいと思います。

 

   

ご家庭でも今日の訓練の様子を子どもたちにぜひ聞いてみてくださいね。

 

 

投稿者:石井

カテゴリ:たま保育園 - 園のこだわり

どすこい!

2019.11.11

11月11日(月)

本日はばら組の様子をお伝えします。

 

先日、突然「お相撲さんやりたい」と言いだした女の子がいました。

話を聞いてみると、お家でお相撲さんが映っているテレビを見たようで、その時の様子をその子なりに一生懸命言葉で伝えてくれました。

そして、朝の自由遊びの際にばら組にいた保育者が、お相撲さんの帽子とまわしを作ってくれて日中みんなでお相撲さんごっこをして遊びました!

 

始める前に保育者が「はっけよーい、のこった」と声にだし、見本を見せると目を輝かせ「やりたい」と言う子や笑っている子等、様々な反応が見られましたよ。

 

 

やりたいという子から順番に帽子とまわしを身に着け、「どすこい」と相手の友だちを優しく押して楽しんで行うことができました。

 

  

 

負けてしまい悔し涙を流す子がいたり、途中でバランスを崩して転んでしまう子もいましたが笑顔が多く見られた活動となりました。

お相撲ごっこが白熱しすぎて、相手を強く押してしまう瞬間もあるかと注意して見守っていましたが優しく「どすこい」する子どもたちの様子に感心しました。

 

最後は、カメラに向かって得意げにピースしてくれましたよ!

 

    

 

普段の活動の中でも少しずつですが、相手のことを思って、転んでしまう子に「大丈夫?」と声を掛ける姿も多く見られ、子どもたち同士の関わりにほっこりしています♪

初めての活動ということもあり、今回の帽子やまわしを身に着けることに戸惑いがある子も数名いたため、周りで一緒に応援すると楽しむ姿が見られました。次回行う際はみんなで楽しめるよう工夫していきたいと思います。

 

また、「お相撲さんやりたい」と思いを伝えてくれた女の子の一言で始まった今回の活動でしたが、今後も子どもたち一人一人の”やりたい”気持ちを受け止め活動や遊びに取り入れていきたいと考えています!

 

  投稿者:軽部

カテゴリ:たま保育園 - 園のこだわり

筑波登山

2019.11.08

2019年11月8日(金) ☀

朝夕は気温が低く肌寒いですが、日中は天気の良い日が続きとても気持ちがいいですね。

昨日さくら組は、筑波登山に出掛けました。

保育園からバスに乗って約1時間。筑波山に到着しました!!

筑波山に近付くにつれ、大きくなってくる筑波山に興奮が絶えない子どもたち。しかし結城市から見た筑波山と色や雰囲気が違ったようで「筑波さんって水色じゃないの!?」と驚く子が多かったです。笑 確かに遠くから見ると水色に見えますよね。

 

バスから降りると

「ここから登るの!?えー!!」と驚く子や「登れないよー!」と不安そうにする子もいましたが、今から登る!となると「がんばるぞー!」と意気込んでいました☆

登って最初の10分は大変でしたが、その後は少しずつ慣れてきて階段や岩などを登って進むことが出来ました。

1列になって友だちとお話ししたり、「疲れた~」と言った子がいれば、「もうちょっとだよ!」と声を掛け励ましあっていましたよ。

 

展望台についてやっとのお昼は、特別美味しかったようです^^

おうちの人や友だちと一緒に食べて嬉しそうでした♡

 

 

ロープウェーではドキドキわくわくの子どもたち。登ってきた景色とは違う景色と高さなどに興奮が収まらない様子でした☆

帰りのバスでは、口数も普段より少なくほとんどの子がぐっすりでしたよ。zZZ

頑張った子どもたちはお疲れの様子でした。

 

初めての筑波登山。思っていたよりも大変だったようですが、一生懸命頑張りました!!

15名の保護者ボランティアさんのご協力もあり、子どもたち全員登りきることが出来ました。本当にありがとうございました。良い思い出・経験になったのではないでしょうか。

子どもたちの最後まで諦めない姿を見てたくましく感じた1日でした。

 

 

投稿者:荒木

カテゴリ:たま保育園 - 園のこだわり

~もも組の1日~

2019.11.07

11月7日(木)

 

今日は日差しもありいいお天気でしたが

風が冷たく寒さも感じられる1日となりましたね。

 

さて、今日はもも組の活動の様子を紹介したいと思います。

 

◎朝の会が終わった後、

保育者が「今日は、皆んなでいいものを作ってみようか~」と

紙袋を持って来ると…。

興味津々の子どもたちは一斉に袋を覗き込み始めました!

「なにかな~?」

製作の材料を袋から取り出してみんなに見せると…。

子どもたちの目がキラキラ~~~☆

保育者が作り方の説明をしている間、

静かによ~くお話を聞いていました。

今日は、プラスチックのコップにシールを貼りました。

シール貼りが上手なもも組さん。

今日も楽しみながら一生懸命コップに貼っていました。

完成したら保育者の所へ持って来て、ボールを付けてもらったら完成です!

保育者がけん玉をやってみせると、

見よう見まねで、コップにボールを入れようと頑張っていましたよ!

   

 

◎製作が終わったら次はみんな大好き戸外あそびです。

自分の好きなバケツを選んで持ち運んだり

砂をたくさん入れて「重たーい!」と言いながら

運んだりして遊んでました。

  

 

男の子が何やら見つけたようです。

「なに持ってるの?」と声を掛けると

「いも!」と言って見せてくれましたよ。

 

最近のもも組さん、自分の身の回りのことを少しずつできるようになり、

できた喜びを感じ、色々なことに挑戦しようとする姿が多く見られます。

お話も上手になってきて、日々成長を感じさせてくれています♪

絵本を通して言葉の引き出しを促したり、

戸外で落ち葉やどんぐり等を見つけて秋を感じられるようにしたいです。

お散歩もできたらいいなぁ~…

 

                                  【投稿者 佐々木】

 

 

 

カテゴリ:たま保育園 - 園のこだわり

冬野菜、決まりました!

2019.11.06

今日も良いお天気でしたね。

子どもたちは体をたくさん動かしながら、楽しく遊んでいましたよ!

 

さて、幼児クラスでは夏の「リリコ」「ブルーベリー」に引き続き、冬野菜として、寒さに強いと言われている

「ほうれんそう」を育てることになりました。

 

そこで今日は、ほし・つき・そらに分かれ、ほうれんそうの「たねまき」をしました。

まずは、さくら組の子が種をまきます。たねが小さいので、手からこぼれないよう気をつけなければいけません。

みんなの動きが慎重モードに・・・。

 

つづいて、すみれ組の子たちが土をかぶせてくれました。

そろ~っとかけてあげる所が、また、かわいいですね!(^^)!

 

そして最後は、たんぽぽ組の出番です。

順番に、たっぷり水をかけてくれました☆

 

「早く、おおきくなりますように」と生長を願う子どもたち。

 

「ほうれんそう」と聞くと苦手な子もいるかもしれませんが、生長を見守っていく中で、

少しでも関心がもてるような環境作りをしていきたいと思います。

 

ですが、その前に、

 

まずは、芽が出てくれますように・・・。

 

                            投稿者:松本(恵)

 

 

カテゴリ:たま保育園 - 園のこだわり

 1 2