園のこだわり

星に願いをこめて*

2013.07.03

選択製作で作った星の子短冊に願いを書いて、今日笹に飾りつけました。

 

年長のさくら組は「プロゴルファーになりたい。」「サッカー選手になりたい。」など、しっかりとした将来の夢が

書かれていました。

たんぽぽ・すみれ組は「キョウリュウジャーになりたい。」「プリキュアになりたい。」などテレビのキャラクターに

憧れているようです。

 

 そして…朝の会では→羽部保育士と飯山保育士が

「なつみちゃん」と「よしみちゃん」の子どもに扮して追いかけごっこをしました。

すると…「まてー! エイ!」とよしみちゃんがなつみちゃんをパンチしたのです。

なつみ「痛い!  やらないでよ。」

よしみ「エイ! エイ!」

なつみ「痛いよー。」今泉保育士に駆け寄り…「先生。よしみちゃんが叩いた。」

よしみ「叩いてないもん。」

そんな光景を見ていた子どもたちは…「叩いたよ。嘘ついてる。」

「じゃあ、どうすればいいのかな?」 と保育士が問いかけると…

「ちゃんと誤るんだよ。」「ゴメンネするんだよ。」と子どもたちから口々に答えが返ってきました。

すると、さすがによしみちゃんも…「ゴメンネ。」が言えたのです。

そしたら…なつみちゃんは 「痛いから、もうやらないでね。」と自分の気持ちをよしみちゃんに伝えました。

豊かな心が育っていけるよう、これからも朝の会や帰りの会で、保育士と子どもたちが「こんな時どうする?」

と一緒に考えられる時間を設けていきたいと思っています。…

幼児クラス担任7名の七夕短冊の願いは

『自分の気持ちを伝えると同時に相手の思いを受け止めることの出来る、やさしい心を持った子どもたちでいられますように。』

果てしない宇宙に思いを馳せ、星座を見上げながら祈りたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

ーおまけー

プール遊びをした日の午睡は…

「スヤスヤ。」「グーグー。」全員熟睡でしたよ。

 

 

 

                                                        投稿:山口

カテゴリ:たま保育園 - 園のこだわり