園のこだわり

いちょうの葉っぱは、子どもたちにとって、遊びの宝石☆

2013.11.27

幼児クラスの自由遊びでは、

・コマ作りコーナー

・外遊び、葉っぱの冠作り

・選択製作コーナーなど、

様々なコーナーを開き、その中で子どもたちがやりたい遊びを選んで楽しく遊んでいます。

 

コマ作りでは、牛乳パックをはさみで切りました。

普段は紙をきる機会が多いので、

「今日は硬いな~」、  「切れないぞ」と難しながらも、真剣に取り組んでいました。

 

ペンで素敵な模様を書き終えると、みんなでまわしてコマ回しの開始!

 

 

「見て。見て。」と子どもたち同士で自慢しあったり、

「何だか回らないなぁ~」と悩む子もいたりしました。

悩んでいる子に「貸してごらん。」と回してあげたり、様々な関わりが見られ、とっても楽しそうでした。

 

 

園庭での遊びでは、女の子2人が素敵な物を集めていました。

覗いてみると、、、

 

綺麗な黄色い葉っぱがいっぱい。

「あっ、あっちにもあるよ!」と嬉しそうに集めていました。

 

 

子どもたちには、“キラキラした宝石のように見えているのかな”と嬉しく感じました。

 

 

ある男の子は、「葉っぱに穴を開けて」と保育士にお願いをしてきました。

「何を作るの?」と聞くと、、

「目と口開けて、お面にする!」と、お面を作ってあげました。

 

「ワハッハッ!」と変身してなりきっていました。

 

ある男の子も、

「僕、寒いほうがすき~。だって、黄色い葉っぱがいっぱい落ちているからね。」

と嬉しそうに話をしていました。

 

子どもたちの素敵な気付きを大切にし、

寒い冬も、心あったかく過ごしていきたいと思います。

投稿者 : 今泉

 

カテゴリ:たま保育園 - 園のこだわり

たま保育園 トップページ > 社会福祉法人芳香会 > たま保育園 - 園のこだわり > いちょうの葉っぱは、子どもたちにとって、遊びの宝石☆