園のこだわり

わーっ!おばけだぞー!!

2014.10.28

10月31日はハロウィンですね

ハロウィンとは、亡くなった人の魂がこの世に帰って来る日です。

悪い霊(魂)も一緒に帰って来るので、おばけの仮装をして、悪い霊を追い払うのです。

幼児クラスではハロウィンにちなんでクラスごとにジャツクオーランタン、傘目おばけ、いったんもめんを作り

二日間にまたがっておばけごっこをしました。

 

 

 

 

 

 

「わーっ、おばけだぞー!」

「ふううううー」

子どもたちはすっかりおばけになりきっていましたよ。

きっと、たま保育園には悪い霊はいなくなったことでしょう。\(^o^)/

 

 

10月27日の体操クラブでは、各クラス跳び箱をしました。

手のつき方、足のひろげ方、跳ぶ姿勢の基礎を教えてもらうと…

なんと、さくら組では6段を跳べる子が10名前後いましたよ。

さすが、年長さんですね。

でも、急に跳べるようになったのではありません。

毎日のように、園庭のタイヤで開脚跳びの練習をしていた子が何人もいたのです。

努力の成果ですね。

ちなみに体操クラブの高梨先生は、跳び箱20段は軽く跳べるそうですよ!

体操の先生ってすごいですね。(*_*)

 

 

 

 

 

 

PS: さくらぐみは午後の時間を利用して廃材製作をしました。

みんな思い思いに思考をめぐらせていましたよ。

想像のつばさをどんどん広げていって欲しいものです。

 

 

 

 

投稿:山口

 

 

 

 

カテゴリ:たま保育園 - 園のこだわり