園のこだわり

お昼寝の前のこと

2012.07.02

子どもたちは、たくさん外で体を動かし

 

お腹を減らし、おいしい給食をたーくさん食べます。

時には、大人がビックリするほどの量を食べます♪♪

 

そして、お腹いっぱいになり『ごちそうさま』をしたら、

そら保育室に向かい、歯磨きとパジャマに着替えます。

 

パジャマに着替える時間は、

お腹が満たされた子どもたちは、ゆったりしてしまいます。

そこで保育士に声をかけられてしまうのですが、

 

今日はこんなことがありました。

 

 

着替えが済んだこどもたち。すると、

まだ着替えが終わらないおともだちに、

 

『○○ちゃん、待ってるから一緒にいこー!』

『みんなで手、繋いでいこー!』

 

と声をかけていました。

 

 

 

すると、

そんな素敵な言葉に誘われ、

のんびりだった子どもたちも着々と着替えを済ませます。

 

終わった子どもたちも、笑顔でお友だちのことを待っているのです。

 

そして、手を繋ぎ

 

 

 

『じゃあ、絵本を聞きに行こう!』

『みんないこうー!』

 

みんなで手をとりあって、午睡前の読み聞かせに向かっていきました。

 

 

 

子どもたち同士で、気づき、声を掛け合い

子どもたち同士で、“やる気スイッチ”を押してあげる

そんな素敵なことが起きていたなあと

とっても感動した出来事でした。

 

投稿者: 今泉

カテゴリ:たま保育園 - 園のこだわり