園のこだわり

避難訓練~竜巻想定~

2019.08.07

毎日暑い日が続きますね。北海道では、5日に34年ぶりの8日連続真夏日を記録するなど、異常な暑さになっているようです。

 

そんな暑さにも負けず、今日もたま保育園の子どもたちは元気に登園してきています。

今日は、避難訓練がありました。竜巻が発生したという想定で行いました。非常ベルに驚いて泣いてしまう子もいましたが、保育者の近くに移動し、じっと保育者の話に耳を傾ける姿もありました。

 

 

DSCN5596

 

 

ばら組さんは、空き箱を使って重ねてみたり、ブロックに見立てて遊んでみたりと、楽しい時間の合間に鳴った非常ベル。ベルの音にも慣れてきているのか、子どもたちはベルが鳴ったと同時に保育者の元に駆け寄っていました。保育者は、子どもたちを保護し、安心させる声掛けを実践しています。今日は、竜巻想定。この後どうするのか?という話に耳を傾けていたばら組さんでした。

 

 

 

DSCN5599

 

 

しっかり防災頭巾をかぶり、ホールに集まりました。竜巻の怖さ、どのように身を守るか?など真剣に話を聞くことができていました。幼児クラスの子どもたちは、保育者の質問にしっかり答えることもできていました。

 

 

自然災害が多い昨今、想定外な出来事が多くあります。そんな時にも冷静に対応できるよう、私たち職員の訓練もしっかりと行い、対応や行動の備えの積み重ねをしてまります。

 

投稿者 : 中山

 

 

カテゴリ:たま保育園 - 園のこだわり