園のこだわり

科学遊び~虹色のひ・み・つ~

2019.11.21

2019年11月21日(木)☀

今日は、古河中央公民館へ行き牛ヶ谷保育園のさくら組のお友だちと一緒に科学遊びを体験しました。

教えて下さった方は現在、年に270回も子どもたちに科学遊びを教えて下さっている坂口美佳子先生です。

今回は虹色のひみつを教えてくださいました。子どもたちは、終始坂口先生が話す1つ1つ興味を持って聞いていました。

 

まず始めに虹のお話しです。虹の色には何色あるか…どんな色があるか…という話では日本やフランスでは7色と数えていますが、他の国では6色と数えているそうです。

色は、赤・オレンジ・黄・緑・青・藍・紫の7色です。

他の国では、青と藍色を一緒に数えている為、6色なんだそうですよ。

虹について教えて頂いてからは、虹色に輝く物を見せて頂きました!

CDや貝、シャボン玉など様々な輝く物を見て「わあ~キラキラできれい」「本当だ!虹が見えた!」と目を輝かせながら見ていましたよ。

      

その後は、館内を暗くし、光の不思議を見ました。

赤・緑・青の光をそれぞれ合わせてみると…

赤と青は紫 赤と緑は黄色 緑と青はエメラルドグリーン へ変わりました!

そして…赤・青・緑の3色を合わせると何色になると思いますか?

なんと白になったのです!! 子どもたちはとても真剣に見て驚いており、私たち職員も光の不思議に感動しました!

 

それからは、分光器作りを行いました。

 

まず真ん中にホログラムシートが貼ってある黒の画用紙をトイレットペーパーの芯片方に両面テープで貼ります。

もう片方は通常の黒の画用紙を貼ります。黒の画用紙には、画びょうを使って穴を好きな模様や自由に穴を刺していきます。「私はハートにしよう!」「僕はキラキラ光る星にする!」と言いながらとても真剣に刺していましたよ☆

最後に周りに折り紙を巻いて素敵な分光器が仕上がりました^^

 

光の方に向けて、中をのぞいてみると…

このような感じにキラキラと光る模様が浮き出ており、とてもきれいでした☆

子どもたちは「すごい!!」「見て!ハートがキラキラしてる!!」と大興奮でしたよ♡早くおうちの人にも見せたい!と言っている子もいました^^

 

帰りのバスでは…

途中に「あそこに虹がある!」と虹の絵の看板を見つけた女の子が言っていたり「信号も赤と緑と青の光と一緒なのかな?」と疑問を持っていました。

園に戻ってからも、光を見て子どもたち同士で話をしていましたよ。

なかなか体験できない経験をさせていただき、とても喜んでいる子どもたちを見て嬉しく思いました。

これからも様々な体験・経験を通して、子どもたちの興味・関心のきっかけ作りをしていきたいと思っています。

 

投稿者:荒木

カテゴリ:たま保育園 - 園のこだわり