園のこだわり

室内遊び

2020.04.02

今日は、1日風が強かったですね。

 

子どもたちも、窓から見える木が大きくゆれているのに見入ってました。満開の桜の花は、今日の風でどれくらい散ってしまったのだろう?花吹雪がまっていたかもしれませんね。

 

さて、風が強く昨日に引き続き、外に出られない子どもたちは、室内遊びをしていました。

幼児クラスでは、新しく進級してきたすみれ組のお友達と一緒に、ブロックや絵本、大きくお部屋を使ってままごとコーナーを作り、遊びを選んで遊んでいました。

 

ばら組の時にはなかった、大きな図鑑が目に留まったようで、すみれ組の子どもたちが何やら話をしながら「恐竜図鑑」を見ていました。聞いていると、恐竜の名前をしっている子が教えてあげていました。身体を大きく使って、恐竜の大きさを教えてあげたりする姿をみて、どう伝えられるか?きちんと考えることができているんだなぁと感心してしまいました。

 

ブロック、カプラコーナーの子どもたちは、と~っても静か・・・・。夢中です。

女の子は、さくら組とすみれ組がペアになって、一緒に作っていました。ひとりではできない事も、複数でなら、教えてもらえたらできるという体験が、子どもたち同士の関わりの中で育まれています。こうした体験が、今度は自分が人にやってあげたいという気持ちを持つことにつながるんですね。お家での経験も同じ、私たち保育者との経験も同じで、自分がやさしくされたら、人にもやさしくなれます。1日1日、育んでいきたいと思います。

 

     

 

にじの保育室に、新しいテーブルとイスが設置されました。卒園児の卒園記念制作です。これはまた、明日ご報告させていただきますね。

 

 

さてさて、今日から本格的な登園が始まった、新しいおともだち。

進級した子どもたちも、すっかりお兄さん、お姉さん気分。お部屋も前のお部屋をきちんと覚えているので、戻るお部屋が前のお部屋になってしまったりする姿を見ると、習慣の大切さを感じます。新しく変わった環境で戸惑うこともあるようですが、丁寧に関わりをもっていきます。

 

食事の前の手洗い、トイレの後の手洗い、もも組、ばら組の子どもたちが、頑張ってやっていました。手もきれいにふきとることができていましたよ♪。

 

 

ウイルス対策としても有効な「手洗い」。手洗いの習慣化をしっかりと身につけられるように、取組んでまいります。

 

 投稿者 : 中山

カテゴリ:たま保育園 - 園のこだわり