園のこだわり

すみれ組の製作

2020.10.26

10月26日(月) 晴れ

 10月も残り5日となりました。そして、31日はハロウィーンです。

すみれ組では、かぼちゃのおばけの顔を製作しました。その様子をお伝えしたいと思います。

 

かぼちゃの目、鼻、口、ヘタのパーツに指を使って糊を塗り、かぼちゃの顔に貼りました。

人差し指に糊を付けて塗ることを伝え、1つ1つのパーツごとにゆっくり説明しながら進めました。

かぼちゃの口が配られると「ギザギザしてる…」と不思議そうにする子もいました。

1回に指に付ける糊の量の調節や、パーツが剥がれないよう端に糊を塗ることに苦戦する場面が見られました。

また、「手がベタベタになっちゃった」と困る様子も…

それでも、「目の場所はここかな?」「これだと逆さまかな?」と考えながらかぼちゃの顔に1つ1つ丁寧に根気良くパーツを貼りました。

完成すると「できた!」と嬉しそうに見せてくれ、達成感が伝わってきました。

                               

 

同じパーツを使っていても、かぼちゃのおばけの表情に違いがあり、見ていて楽しい作品になりました。

先月の製作よりも工程が増え、細かいパーツもありましたが、上手に指先を使って完成させることが出来ました。

これからも製作を通して楽しく指先を鍛え、集中力や想像力も高めていきたいと思います。

投稿者:神保

カテゴリ:たま保育園 - 園のこだわり