園のこだわり

やさいさん♡

2021.06.22

6月22日(火) 晴れ☀

 

乳児クラスで植えたきゅうりとピーマンが大きくなってきました!!

今年のばら組さんは、野菜が苦手な子が多いので、興味が持てるように子どもたちと一緒にきゅうりとピーマンの苗を植えました。

苦手な野菜ではありますが、生長にはとても興味があるようで、最近では毎日野菜の様子を見に行く子が増えました。靴を履くと真っ先に行く場所がきゅうりとピーマンのある畑なのです。

 

毎日見ているので、「あ!きゅうりが大きくなってる!!」「こっちにも!」「ピーマンが3個になってるよ!」等と子ども同士で会話が弾んでいます。

今までは実だけに興味を持っていたのですが、今日はばら組の男の子がある事に気が付きました。

【キュウリの葉っぱは(ピーマンの葉っぱより)大きい】と【ピーマンの花は白だけど、きゅうりの花は黄色】と言う事。

お花が色々な色があるように野菜の花も色が違う事を知ったようです。

色々なところを見ていますね!!

 

 

実はピーマン、小さい実が出来ていたのですが、ピーマンが実った嬉しさから実が小さいうちに子どもたちが摂っていました。その小さいピーマンを見て、女の子が「このピーマンまだ小さいから食べられないよね?」と言った事がきっかけで、子どもたちにどのくらいになったら摂っても良いのかを聞いてみると「大きくなったら!」との事。今、ばら組では「赤ちゃんは取っちゃダメだよ。お母さんになったら。」と子どもたちがピーマンの大きさを見て友だちと話をしています。お母さんピーマンになるまで待っているそうです。私たちも子どもたちと一緒にお母さんピーマンになるのを楽しみに待ちたいと思います♡

   

 

そして、保護者の方たちからは「家ではきゅうりを食べなかったのに、きゅうりを食べるようになった!」と聞きました☆

保育園で友だちと一緒に育てて毎日生長を見ている事で、お家でも食べられるようになったのだと嬉しく感じました。今後も子どもたちと楽しく野菜を育てていきたいと思います^^

やさいさんたち、大きくな~れ♪

 

 

投稿者:荒木

カテゴリ:たま保育園 - 園のこだわり