園のこだわり

みつけたよ👀

2021.06.29

6月29日(火) 雨のち晴れ

 

朝から雨が降り、幼児クラスは室内にてサーキット遊びを行いました。

次第に雨も止んで、蒸し暑さを感じ、活動終わりには汗をかいて着替える姿も…

また、子どもたちは雨が止んだことに気が付くと「今日の夕方は外遊び出来るかな?」と

お友だち同士で話す様子もあり、早く外で遊びたい様子が伝わってきました。

そんな会話の中には「カエルも出てくるかな」との声も…

 

微笑ましい会話を聞き、先日の戸外遊びの中で

素敵な “発見” をしたことを思い出したのでお伝えしたいと思います。

 

ある戸外遊びの日、

男の子が「カエルみつけたよ~!!」と教えてくれたのですが、

その日は園庭のあちこちにカエルたちが遊びに来ていたので、他の子どもたちも大興奮でした。

たんぽぽ組の女の子が保育者に見せに来てくれると、近くにいたすみれ組の数名が「見た~い!!」と

身を乗り出してきたので、女の子の手の中で観察することにしました。

そのカエルは小さくて、緑色だったので「可愛いね」「赤ちゃんかな?」と会話を楽しんでいると、

 

女の子が「あ!!しっぽみたいなのがある!!!」と言ったのです!

 

「どこどこ?なになに?ほんとだ!すごっ!!」みんなで大騒ぎ!「なんでしっぽ付いてるの?」と話すが誰も分からず…

保育者が、おたまじゃくしからカエルになる途中であることを話をしたところ、子どもたちも「あ!そっか!」と納得し、

「なんかカエルなのにしっぽがあって面白いね」などと、その後も観察を楽しんでいました。

 

 

田んぼも近いので、毎年沢山のカエルが遊びに来ていますが、おたまじゃくしからカエルに変わっていく過程は

中々見ることが出来ないので、子どもたちにとっても新鮮だったようです。

面白い・不思議・大きさ・色 など様々な発見を経験出来るよう、声掛けや活動に工夫していきたいと思います。

 

 

*写真はその日の戸外遊びの様子です

                                             投稿者:須藤

カテゴリ:たま保育園 - 園のこだわり

バックナンバー