園のこだわり

友だちっていいね!♡

2021.09.09

9月9日(木)☔☁

 

東京オリンピックが先日無事閉幕しましたね。

 

 

 

 

主役である選手たちは、コロナ感染拡大の中でも

自分のベストを追求するという最高のパフォーマンスを見せてくれました。

順位を競うだけでなく、「たたえ合う」ことの大切さも、思い出させてくれました。

 

 

たま保育園でも オリンピック選手のように、

友だち同士励まし合ったり、たたえ合ったりする姿が見られています。

今日はそんな子どもたちの様子を紹介したいと思います。

 

幼児クラスの子どもたちは戸外遊びをする際

「鉄棒やりたい!」「雲梯やりたい!」等、保育者に自分の思いを伝えてくれています。

「鉄棒やりたいの?」と、保育者が聞くと

「やりたい!やりたい!逆上がりの練習したい!」と、

目をキラキラ輝かせ、鉄棒へ直行している姿が見られます。😊

 

「見ててね❤」と、保育者に声をかけ早速逆上がりの練習が始まりました。

「もう少しで出来るよ!」「がんばって!」

練習仲間の子どもたちはお互い声を掛け合い、そしてどちらも見事に逆上がりが出来ました!

「やったー!」と、満面の笑みを浮かべ達成感に浸っていましたよ。

 

 

 

 

そんな様子を見ていた他の子どもたちも

「前回り出来るよ。見ててね♥」

 

 

 

 

前回りが出来ると、

「今度逆上がりも練習するんだ!」

と、自分の目標を教えてくれました。

 

次に乳児クラスです。

もも組の男の子が三輪車の練習をしていました。

うまく起動出来ず三輪車に乗ったり、降りたりの繰り返し … (*_*)

 

 

 

 

それを見ていたばら組さんが傍に来て、

「大丈夫?」と、ニコニコ微笑みかけてくれていました。

 

 

 

 

するとやる気が増したのでしょう。もも組の男の子は…

足で地面を蹴りながら、ゆっくりですが三輪車を動かすことが出来ました!!

 

一言でも「大丈夫?」「がんばって!」と、友だちから投げかけられたコトバノチカラ

頼もしくもあり勇気が沸き起こるものですね。

 

 

 

 

 

そして目標が達成され、「やったー!よかったね!」とたたえ合う姿は感動の輪を広げていきます。

自分で考え、行動し、そして…友だちに応援され一緒に喜んでもらえる。


そんな素敵な場面が、これからも沢山見られるよう、子どもたちと共に過ごしていきたいと思います。

 

         投稿者:山口

カテゴリ:たま保育園 - 園のこだわり