園のこだわり

こんなものが・・・・・こんな遊びに!!

2013.02.20

少しだけ残っていた、「夕顔の種」も寒さに負けてしまいました。

春になって新しい種を蒔く為に、ツル狩りをすると・・・

高い位置の紐を切る為に、おそるおそる脚立に上がった保育士を見て

「先せー、だいじょーぶ?」 「落ちないでよ~」と、子どもたちの見守る声が・・・

なんて、優しいんでしょう。

そして、地面に落ちたツルを見た途端、すぐにトンネル遊びが始まりましたよ。

なんでも遊びに変えてしまう子どもたちです。トンネルを潜りながら、夕顔の種を発見!

                    

                     すると、トンネル潜りは一時ストップ、種探しが始まりました(笑)

                     「あった~」「ここにも~」  一つ見つけるたびに歓声を上げていました。

それから、またひと遊び・・・遊んだところでツルを集めて丸く固めてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かた~くなった土を掘り起こしてみると・・・冬眠中の虫を発見!

またまた子どもたちは大騒ぎ(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

                         

ツルをよ~く見てみると、

子どもたち曰く、かまきりの卵だとか・・・

 

 

 

さて、これはホントにかまきりの卵でしょうか???

 

 

 

 

観察したあとは、優しくもとの土の中へ・・・まだまだ寒いので「おやすみなさい」ですね!

 

虫にも気遣っていた子どもたちです。

片付けを終えて室内に入り、手を洗おうとしたら・・・こんなものを見つけました。

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オアシスの中に、夕顔の種が・・・

家に持ち帰るのかと思っていたら、こんなところに蒔いていました。

子どもの発想ってすごいですね!!  芽が出るかな?

しばらく継続して観察していこうと思っています。

朝やお帰りには、ぜひ見てくださいね((笑))

 

                                                     投稿:岩瀬

カテゴリ:牛ヶ谷保育園 - 園のこだわり