園のこだわり

楽器遊び

2013.07.05

7月4日

ジメジメと蒸し暑い日が続きますね。子どもたちもプールで汗を流して、サッパリした表情で給食・午睡へと1日が流れていきます。

 

 

先日は、雨でプールがお休みでしたので、ホールに“エコー”という、小さな電子ピアノを出してみました。

 

すると、すぐに何人かの子どもたちが興味を示し自由に音を出して遊び始めました。

すみれ組のお友だちは、初めて触る楽器に不思議そうに1音ずつ指で鍵盤を押し、色々な音を真剣な表情で聞いていました。

 

 

 

太鼓類は音が大きくなり過ぎて、コーナー遊びをしている友だちに迷惑がかかってしまう為、代わりに段ボールとバチを出してみました。

こちらは、さくら組のお友だちがすぐに興味を示し、仲良く向かい合ってリズム打ちを始めました。

 

 

 

たんぽぽ組のお友だちは、園の楽器よりも、おうちの方に用意してもらった自分のメロディオンに興味があり、保育士から貰ったばかりの新しい楽譜を前に、嬉しそうに音を出して遊びはじめました。

 

 

 

 

子どもたちが、とても集中して楽器遊びを続けているので、鼓笛で使う指揮棒も出してみると・・・・・

 

去年の運動会での鼓笛隊をしっかり覚えているようで、みんなで順番に指揮者となり、他の楽器と合わせ始めました。

 

練習はしていないのに、去年の記憶だけで何となくリズムが合っているように聞こえてくるので、私たちも驚きました。

 

 

 

これからも、子どもたちの興味や遊び方を観ながら、プールに入れない日でも、子ども同士で遊びを楽しく進展させていけるような玩具や教具、環境を用意してあげたいな・・・と思っています。

 

投稿者:老沼

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:牛ヶ谷保育園 - 園のこだわり