園のこだわり

泡を使って芳香剤作りをしました♪

2013.08.28

8月27日 (火) ☀

 

ボウル・泡だて器、食紅、そして薄く削った石鹸を用意し、まるでケーキを作るかのように・・・可愛い芳香剤を作りました。

作る過程も面白いので、作り方を詳しく紹介したいと思います。

①まずは、石鹸を少量のお湯で溶きます。

子どもたちは「何?」とボウルをのぞいていたのですが・・・。

溶けるまであまり変化がなく、静かにじーっと見ていました。

 

②次に食紅で色を付けました。

保育士が混ぜると少しずつ泡が立ち始め、色も気になるようで「わぁー!!」と目を輝かせては「あお!」「ピンク!」とお友だちと教え合っていました。

 

③1日目はトロトロの泡。

ボウルに手を入れると手からトロリと流れる泡を不思議そうに見たり、どうしたらカップに沢山泡を入れられるかを考え、指1本から手を広げて5本へと変えながらすくっていました。

 

2日目は少し固めの泡。

入れたお湯の量で泡の固さが全く違う物ができました。

見れば見るほど美味しそうなシャーベットのよう♪

固めの泡は指でつまんで触れることができ、「気持ちいいね!!」と喜んでいる子も居たのですが・・・。

 

中には直接触るのは躊躇していましたが気になっている子が居たので、スプーンを用意すると・・・。

上手にすくってはカップへ沢山入れ、とても嬉しそうでした。

 

泡が好きな子は、手の平を合わせてごしごし。

そのまま水道で手洗いをし、手に残った泡の香りを「いいにおい」とかぐ子が多かったです。

 

用意した材料を見て「これで何するの?」と興味を示し、最後まで集中して泡あそびをしていた子どもたち。

泡立てをしたり、泡に触れたりし、感触や色、香りも楽しめました。

 

1週間程乾かし、固まると…いいにおいの芳香剤の完成です!!

ご家庭にある物であっという間に作れるのでぜひお子さんと作ってみて下さい♪

 

                                    投稿者:松本

カテゴリ:牛ヶ谷保育園 - 園のこだわり