園のこだわり

はこ、箱?

2013.11.11

 

11月11日(月) 晴れ☀

 

今日はお天気はよかったものの、咳や鼻水の目立つ子も多かったため、0歳児クラスは室内で遊びました。


いつもの室内用おもちゃ…ではなく、牛乳パック製の積み木と段ボール箱で遊びました。

 

 

 

積み木は両手で一個を持ったり、片手に一つずつ持ってみたりと自分なりに遊んでいた子どもたち。


すこし様子を見ていると…

小さな積み木を踏み台にして、パーテーションにつかまり立ち!
いつもよりもすこーし高い視線でお部屋の中を見渡していました。

 

 

 

段ボールで遊んでいた子は、箱の中に入ったり、逆さまにした段ボールの底を太鼓のように叩いてにこにこしていました。

 


少し前からつかまり立ちが活発になってきた男の子は、段ボールにつかまり立ちをすると…

ずりずりと押して前方へ…段ボールを支えに少しだけ歩く真似っこをしていました。

 


また、同じ箱を被ったお友だち。
「いないいなーい」と声を掛けると「バァ!」と満面の笑顔を見せてくれました。

 


今日は同じ箱を使っても、それぞれで違う遊びを楽しんでいた子どもたちでした。

今後も身近にある素材でおもちゃを作って遊びに取り入れ、子どもたちの自由な発想で遊べるようにしていきたいと思います。


投稿:鈴木

カテゴリ:牛ヶ谷保育園 - 園のこだわり