園のこだわり

新米が採れました!!

2016.10.28

10月28日(金) ☁→☂

 

昨日までの晴天はどこへやら。

今日は肌寒い1日でしたね。

 

今年幼児さんがバケツで育てたお米も、脱穀、もみすりと着々と精米の段階へと進んでいますので、今日はその様子をお伝えしようと思います。

 

 

まずは脱穀です。

農家では専用の機械がありますが園にはないので、園での脱穀にはザルを使います。

ザルで脱穀!?と思いますよね?

ザルの目に穂先を切った稲の茎を入れ、その茎を引っ張ると実だけがザルの中に残るというわけです。

気持ちよいくらいキレイに実が残るんですよ。

 

 

さくら組をリーダーとし、グループごとに進められました。

img_1768

まずは、一人ひとりに分けます。

保育者が声掛けずとも、率先してリーダーシップを取れており、さすがさくら組!!という感じでしたよ☆

 

img_1790img_1767img_1961

 

 

 

初めて行うすみれ組さんへは、さりげなくさくら組のお兄さんが援助。

      img_1958

自然とこういう関わりが持てている姿にほっこりしますね。

 

 

img_1984

ご覧ください。

こんなにキレイに実だけ残るんですよ♫

 

 

数日後今度はもみすりの作業を行いました。

 

もみすりは、大きなすり鉢に殻のままの実を入れソフトボールでごろごろ転がします。

そうすると、殻だけがすり潰されお米が残ります。

img_2042 img_2045img_2046

根気のいる作業ですが、みんなで力を合わせながら毎日コツコツと行っています。

 

 

 

実は、脱穀の作業の時に

「ボールでやらないの?」というさくら組の女の子がいました。

さくら組にもなると、毎年の作業を把握していて、この時にはこの道具を使う、ということが分かっているんですね。

感心してしまいました。

 

 

まだ食べるまでにはもう少し時間が必要なようですが、今年も『牛ヶ谷米』のお味見ができる日が楽しみです。

 

 

 

***おまけ***

dscn1248

昨日(10/27)から、ネーブルパークで菊祭りが始まりました。

 

今年も牛ヶ谷保育園で育てた菊の花が展示されています。

dscn1259

まだまだ蕾が多い状態ですので見頃はまだ少し先のようですが、1ヶ月ほど開催されているそうなので、お時間があるときにはぜひ見に行ってみて下さい。

 

投稿:五月女

カテゴリ:牛ヶ谷保育園 - 園のこだわり