園のこだわり

選択自由遊び

2012.06.09

 

昨日幼児グループは散歩・園庭・部屋の3つの場所から好きな場所を選び遊びました。

 

散歩を選んだ子どもたちの様子です。

違う年齢のお友だちと手をつないで歩きました。

郵便屋さんが通ると自然に挨拶ができた子どもたち。

そのあと話も弾み、郵便屋さんも子どもたちも笑顔で、とても嬉しく感じました。

 

行先は近くの田んぼです。

 

着くと大はしゃぎ!

この前来た時よりおたまじゃくしが少なく、カエルの姿に近づいていました。

リズム遊びで、「おたまじゃくし」というものがあります。

♪おたまじゃくし おたまじゃくし 足がでた 手が出た 尾がとれた

という歌詞です。

カエルのしっぽがとれると言いますが、子どもたちは

歌詞の影響で、「このカエルまだ尾がとれてない!」と言うんですよ♪

 

袋に水を入れてカエルを捕まえたり、

綺麗なお花を眺めたり、

少人数ということもり、のびのびと過ごせました。

 

最後に捕まえたカエルは田んぼに戻してあげました。

 

「また遊びに来るね」と声をかけていましたよ。

「保育園の水槽じゃ狭くてかわいそうだもんね」と

保育士に話してくれました。

カエルの気持ちになって考えたんでしょうね。

 

 

部屋遊んだお友だちも、園庭で遊んだお友だちも

広いスペースで遊びを存分に楽しめたようです。

 

 

 

今週から始まった米とぎ。

毎日2人ずつ当番が回ってきます。

 2人で協力してといでいます。

「今日からお母さんのお米とぎのお手伝いしよう」という声が

とぎながら聞こえてきました。

とぎ汁は無駄にせず、夕顔などの花の水やりに使います。

スイッチをおして準備OK!

少しするとお部屋にごはんの香りが・・

五感でごはんが作られるのを感じることはとても大切です。

 

どうやってお米をとぐのか、水はどれくらい入れるのか、

炊飯器のどこにスイッチがあるのか、子どもたちが体験して

知ることができます。

回数を重ねていくとどんどん上手になると思います。

子どもたちの自信につながると良いですね♪

 

話は変わって・・・

 

子の前蒔いた夕顔の芽が出ました!!

 

 

 

子どもたちが教えてくれたんですよ♪

これからの成長が楽しみですね!

 

投稿者:金丸

 

カテゴリ:牛ヶ谷保育園 - 園のこだわり