園のこだわり

幼児クラスの水道に、花を活けました。

2012.08.03

職員室の完成に伴い、幼児クラスも新しい保育室に生活の場を移しました。

新しく設置した、テラス側の水道でも歯磨きが出来るようになり、食後の歯磨き渋滞も解消されました。

ところが・・・

手洗いやうがいの際に、水道で跳ね返った水が、窓枠のところをビショビショに濡らしてしまい、見た目がどうも不衛生に感じられていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、職員で話し合いを設け、

『水道と窓枠の高さと、子どもたちの身長を考えて、水が跳ね返ってしまうのを防ぐのは難しい。それなら、跳ね返った水を上手く利用できないか?』と、窓枠のところに花を飾ってみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鉢植えだと泥で汚れてしまう為、跳ね返った水を、いつでも吸収して花が長持ちできるように“オアシス”という花材を利用しました。簡単に活けられるので、子どもたちがお散歩や園庭で摘んだ草花も自由に飾れるようになっています。

子どもたちも手洗いの度に、花びらの数をかぞえたり、草の形や大きさの違いを覗き込んで楽しんでいる姿が見られます。

 

 

 

 

 

 

 

室内に自然物があると、見た目にも涼しく感じられます♪

投稿:老沼

 

 

 

 

カテゴリ:牛ヶ谷保育園 - 園のこだわり