園のこだわり

草あそび

2012.08.07

園庭のフェンス脇に、“ねこじゃらし”が、たくさん生えてきました。

子どもたちは、数本摘んで花束みたいに持っていたり、自分の腕に当てて、コチョコチョとくすぐったい感触を楽しんだりしていました。

そこで、紙とのり、マジックを用意して、ねこじゃらしで絵を描いてみようと提案してみると・・・こんな風に出来上がりました。

 

1枚目の“うさぎ”は、草でどうやって絵を描くの?と不思議に思う子どもたちに、保育者がヒントとして、簡単に作ったものです。

 

2枚目の“ライオン”は、うさぎを見て理解した子どもたちが、「先生、今度はライオン作って~」とひらめいて、保育者が描いた絵の周りに子どもたちが『たてがみ』を付けていきました。

 

3枚目の“女の子”は、うさぎ・ライオンを作ってみて、今度は自分で作ってみたいと言って、さくら組の女の子が作ってくれました。

 

遊びのヒントから、ひらめいて、やってみて・・・遊びの段階を踏んで、様々な感性を磨いていく子どもたちです。

 

投稿:老沼

カテゴリ:牛ヶ谷保育園 - 園のこだわり