園のこだわり

「どうして?」「ふしぎだなぁ~」その思いが大切!!

2020.06.03

 6月3日(水) 晴れ

 

 

科学コーナーに新しいスペースができました。

 

『水耕栽培』をして、その様子を観察していきます。

 

その準備をみんなで一緒にしましたよ。

 

野菜はあらかじめ用意をしておいたもの、子どもたちにその場で切ってもらったもの

 

   

水の中の根がどうなるのか? 

芽が出てくるのか?

これから毎日観察していきますよ。

 

 

トレイの上に濡らしたペーパーを置き、大根と人参のタネを蒔きました。

    ⇒  

さて、このあと芽が出てくるかな?

 

 

他に、3つのカップに入れた花を用意しました。

      

   

 

①水

②食器用洗剤を入れたもの

③色水にしたもの

 

この3つの花は、これからどうなるか?

どれが1番先に枯れてしまうか、長持ちするのはどれか・・・

 

 

すると、色水は1色しか用意をしなかったところ、

子どもたちから、こんな意見がありました。 「どうして1つなの?」と。

「そうか・・・」「1つじゃ、比べるのも少ないかな?」

早速、翌日違う色を1つ用意しました。

花の準備も手伝ってもらい・・・

   ⇒   

 

 

観察するものが増え、賑やかなスペースとなりましたよ。

 

 

野菜や①の水は新しく交換しました。

水はいつもきれいにしておきたいですね。

 

 

午睡前、子どもたちがコーナーに集まっていました。

   

 

なんと、朝色水に入れた白い花がうすく緑色に変化していました。

 

「えっ~~、色が変わってる」

茎が水を吸い、その水の色に変化していました。

白い花なので、色の変化がよくわかりました。

 

 

その一方、1日早く色水に入れた花はまだ・・・

そこで、色の濃さが違うことに気付いた子がいました。

「よく気付いたなぁ~」と感心した場面・・・

でも、よ~~く見ると

 

花の周囲がうす~くピンクっぽくなっていることに気付きました。

子どもたちの『目』は小さなところにも、ちゃんといっているようです。

明日になると、もしかしたらまた色が濃くなっているかもしれません。

1日1日、目が離せなくなってきました。

 

 

『科学あそび』っていうと、難しい内容ばかり考えてしまいますが

身近にある物を使ってできることも多く、

また「どうして?」「どうしてこうなるの?」と不思議に思うこと

その不思議に思うことを考えたり、観察したりすることも科学あそびにつながっていますよね。

この不思議に思うことから、将来大発明をしたり、科学者になったりする子がいるかもしれません(笑)

 

 

投稿:岩瀬

 

 

カテゴリ:牛ヶ谷保育園 - 園のこだわり