園のこだわり

みーつけた!!

2020.10.15

10月15日(木)  くもり☁

 

明日からは雨予報。

日中も曇り空でしたが、雨は落ちてこなかったのでお外でたくさん遊びました。

 

園庭へ出たこももの女の子たち。

掲示板を指さし、保育者に何か伝えようとしてる様子。

「なあに?」と聞くと、

 

 

「これー」と、コウモリとカボチャの折り紙を指さしていました。

「なんだろうねー。おばけかなぁ?」と声をかけると、「おばけー?」とニコニコしながら見ていました。

 

 

 

プランターの低い位置に咲いていたアサガオを見つけた男の子。

「お花とるー」と言いながら、1つ摘んでいました。

0歳児の女の子は葉っぱを1つ取り、保育者に見せるとニコッと笑っていました。

 

  

 

 

また、「ここ見てー!」とお友だちに教えていた幼児の男の子たち。

目線の先には小さいゴーヤが実っていました。

「さわれるかなぁ?」と言いながら、二人で背伸びしたりジャンプしてみたり。

 

 

こちらの男の子はアサガオを摘んでいたので、何に使うか聞くと「色水作る!」とのこと。

たくさん持っていてきれいだったので「見せて」と頼んだのですが、「やだー!」と逃げられてしまいました(笑)。

 

 

 

食育畑では、何かを見ながら「いやーん」と口元を押さえている男の子が。

 

 

”葉っぱかな?”と思いながら近づくと…。

囲いのふちに、ちょうちょが止まっていました。

後から来た女の子を「おいでおいで!」と呼び、「いたー!」「ちょうちょ!」と2人で指さしながら見ていました。

 

 

 

シーソーの隣にたくさん咲いているコスモス。

風に揺れる様子がおもしろいのか、指をさしながらながめたり花を摘んだりして遊ぶ子が多くいます。

茎を指でつまんで回し、「お花さんまわってるー」と言っている子もいました。

 

     

 

ささやかなことですが、子どもたちにとっては不思議に感じることが園庭にはいっぱい!

「みてー!」の声に耳を傾けながら、さまざまな発見に共感していきたいと思います。

 

ちなみに0歳児の男の子と女の子は、門扉を叩くと音が鳴ることに気付きましたよ♪

 

 

投稿者:小林

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:牛ヶ谷保育園 - 園のこだわり