園のこだわり

お米とぎ

2020.10.28

10月27日 (火)晴れ

 

 

 

今日は幼児組さんの、給食おかわりに提供している“ご飯”について紹介したいと思います。

おかわりのご飯は“おこめとぎ当番”さんが準備してくれています。

ちなみに、炊飯器はホールにあります(*^^*)

子どもたちの近くで炊くことにより、炊きあがりの香りから 給食の時間が近づいていることや、炊きあがっていく過程や様子を見て、自然とお腹が空いていく感覚など、五感を大切にしています!!

お当番さんがすることは…。

初めはエプロンをするところからスタートです!!

お互いに後ろのボタンを付け合ったり、身だしなみをチェックしたり!一人でボタンができると「できたよ!!」と誇らしげでした。

 

 

 

次に手洗い!!

見本表をみて「猫の手にして洗うんだよね?」など、ペアになったお友だちと確認し合っていました。

 

 

 

次は給食室から、お米とぎ当番で必要なお米(幼児組のおかわり用)を受け取ります!

ここでは…

調理員さんに「お米とぎ当番です。よろしくお願いします」や「お米とぎにきました」と声をかけていますよ!

カップを使ってザルに必要なお米を移すのですが、ここでも…

「あれ?何回入れるんだっけ?」「指で平らにするんだよねー」「これであってる?」「お米ってサラサラしてるね」など、食材に触れ、感触を楽しんでいたり、感じたことを言葉で伝えあっていました!!

 

 

そして米とぎ開始です!!

ここでも見本表を見ながらペアになった当番同士で確認し、お米を洗っていました!「お米って強くやると割れちゃうから優しくがいいんでしょ?」と保育者に確認する子もいました!

          

 

 

水を必要な分だけ入れて…

メモリをよーく見ています!!

カップを使って微調整する子もいました。

 

 

「美味しくなるように おまじないかけよう!おいしくなーれ、おいしくなーれ!」

とパワーを注入する子もいたり…(笑)

最後に窯を炊飯器に持っていきセットをしてボタンを押す…。

 

ここでは「こっちのボタン?」「こっちだと思う」「先生に確認してから押そうよ」「赤のボタンだよね(炊飯)」と話し合う場面もありました。

 

炊きあがったご飯は おかわりとして 美味しく食べています(*^^*)

お米とぎ当番活動を通し、直に食材に触れ、よりいっそう 食べたい思いや、美味しさが倍増するのでしょうね☆

たんぽぽ組、すみれ組のお米とぎ当番もあります!その時まで楽しみに待っていてくださいね(^^♪

 

投稿者:宮石

カテゴリ:牛ヶ谷保育園 - 園のこだわり