園のこだわり

子どもたちの観察力

2021.05.21

5月21日(金)   雨☂

 

日々の子どもたちの遊びを見ていると、『おうちの方や保育者のことをよく見ているなぁ…』と思うことがよくあります。

 

ままごとコーナーで、たんぽぽの女の子が赤ちゃんの人形を抱いて遊んでいました。

1枚目の右手がぶれているのですが、これはずっとトントンしているから。そして、い~い感じに体全体で揺れています(写真でお伝えできないのがとても残念!)。

なかなか泣き止まないのか、その後だっこひもに入れてトントン。

しばらくすると「おなか空いた?」とミルクを飲ませたり、「ごはんだよ~」と言いながら食べさせてあげたり。

しっかり赤ちゃんの顔を見ながらあげている様子を見て、普段の保育者の姿をよく見ているんだなぁと思いました。

おうちの方にそうしてもらった記憶もあるのかもしれないですね。

 

       

 

そしてこのあと、お母さんが2人になり(笑)、食事の用意が始まりました。

 

     

 

携帯電話を持ちながらお料理をしている…うーん、リアルです。イマドキですね。

ちなみにお父さんに時々電話もしていましたが、「お父さんは仕事で遠くに行ってるから遅いの」だそうです(笑)。

こんな会話もリアルで、各ご家庭の様子が垣間見えるようでした。

 

目玉焼きをお皿に乗せる様子や食器洗いも、『いつもこうやってたな』と思い出しながらおうちの方の真似をしているのでしょうね。

 

  

 

会話の端々で出てくる言い回しでも、『これはおうちのお話でいつも出てくるのかな?』と思うこともあります。

 

意外と大人のことをよ~く観察している子どもたちです。

 

 

 

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆  おまけ  ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

 

 

先日お伝えした『おべんとうばこのうた』で4番目に入る野菜の種から芽が出ました!!

 

  

 

というお知らせをしようと思い、写真を撮った数日後。

再びのぞいて見ると…。

 

  

 

驚くほど大きくなっていました!

 

植物の生命力ってすごいですね!!

 

投稿者:小林

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ままごとコーナーの布を使い、真剣な表情で拭き掃除をしていたのでカメラを向けたのですが

 

  

 

照れてしまいました(笑)

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:牛ヶ谷保育園 - 園のこだわり