園のこだわり

玉ねぎの収穫

2021.06.10

 6月10日(木)  晴れ

 

 

昨年11月17日に苗を植えた玉ねぎ

 ⇒  ⇒ 

 

冬の間は葉が枯れたようになりましたが、

春になると、葉が青々としてピーンと立って伸びてきました。

 

根元から見える玉ねぎが大きくなり

葉が枯れてくるのも、収穫の合図です。

 

 

8日(火)、年長児に手伝ってもらって敷いておいた『マルチ』をはがしました。

  ⇒   

 

マルチをはがしながら玉ねぎが抜けてしまったため、玉ねぎが隠れるように土をかけましたよ。

  

 

 

9日(水)、好きな玉ねぎを選ぶと

絵本の「大きな かぶ」のように 『うんとこしょ、どっこいしょ』

と、力を入れて引っ張っていました。

乳児も「やりたい」と言って手伝いに・・・

      

     

   

 

玉ねぎが抜けた時は大歓声!!

みんなで収穫した玉ねぎは、24個でした。

 

大きいの小さいのがあり、年長児が大きさに合わせて分けてくれました。

 

玉ねぎを収穫すると、農家さんの家では吊るしておくのを見かけます。

どうして吊るしておくのかな・・・

 

それは、

玉ねぎの腐敗を防ぐとともに、長期保存できるように乾燥させるためなんです。

生活の知恵なんですね!!

しかも、湿度の高い場所はNG、 風通しの日の当たらない場所がいいんです。

そこで、園でも同じように吊るすことにしました。

 

 

年長児に手伝ってもらって玉ねぎの葉をスズランテープで結び、

 

屋根の下に吊るしましたよ。

これで日持ちしますね!!

 

 

子どもたちと「どうやって食べる?」と話し合うと、

第1位  カレー

第2位  シチュー

第3位  スープ

となりました。

やっぱりカレーは大人気ですね!

 

 

これから、相談して献立を決めたいと思います。

 

 

投稿:岩瀬

 

カテゴリ:牛ヶ谷保育園 - 園のこだわり