園のこだわり

敬老交流会

2012.09.13

 

もうすぐ敬老の日です。

たんぽぽ組のお友だちは、ケアアシスタンス(同じ法人の高齢者施設)へ行き、お年寄りの方と交流してきました。

 

たんぽぽ組にとって、初めての交流会の為、事前に子どもたちには、保育園以外の場所での過ごし方や、車いすを使用している方がいることなどを知らせました。

すると「走っちゃだめだよね!」「ぶつかっちゃうもんね!」と子どもたち同士で会話をしていました。

今どんな気持ちかを聞いてみると…

「おじいちゃん、おばあちゃんの前だと緊張しちゃうかも~(*_*)」

なんて声も。

 

 

ケアアシスタンスに到着して、まずは挨拶と自己紹介。

普段恥ずかしがり屋で緊張してしまう子も、自分の名前をしっかりと言うことができました♪

その後は歌の披露です。

子どもたちの姿を見ながらリズムに乗ってくれている方もいたので、2回目は、利用者の方と手を合わせながら歌いました。

この歌をきっかけに利用者の方と子どもたちとの距離も少しずつ縮まりました。

 

次に「げんこつ山のたぬきさん」の歌に合わせて、じゃんけんゲームです♪

結構強いおじいちゃんとおばあちゃん!

3連敗したお友だちもいましたよ!

 

そのあとは肩たたきをしてあげました。

「もしもしかめよかめさんよ~♪」と歌いながら。

お友だち同士で練習した時より、叩き方が違う子どもたち。

自然と力の加減をしていたんです。

 

その後は、「忍たまらんたろう」の体操を披露しました。

最後に、メダルのプレゼントです。

感謝の気持ちを込めて、首にかけてあげました。

利用者の方の中には、「どうもありがとう」と、泣いている方もいらっしゃいました。

帰りもしっかりと挨拶をして園に戻りました。

 

お昼寝前に子どもたちと話をしていると、

「また行きたいなー」「おばあちゃんたち喜んでたからもう1回行きたい」

という声が。

 

核家族が増え、普段ふれあうことの少なくなった、おじいちゃんやおばあちゃん。

子どもたちをみていると、自分たちがやったことで相手が喜んでくれる、

それをみて自分たちも嬉しくなる。という経験ができたようです。

その他にも子どもたち一人ひとり、様々な気持ちになり、考えたり思ったりしたと思います。

お家に帰ったらぜひ、子どもたちに聞いてみてください。

 

投稿者:金丸

カテゴリ:牛ヶ谷保育園 - 園のこだわり