園のこだわり

手洗い指導

2021.11.01

11月1日(月)☀

あっという間に11月ですね。

幼児クラスは、発表会の練習、身体測定、手洗い指導をそれぞれ時間を分けて行いました。

今日は、手洗い指導の様子をお伝えしようと思います。

 

まずは、紙芝居を見ました。

 

男の子二人が手を洗わないままおやつを食べてしまい、その後お腹が痛くなってしまうという内容でした。

「ご飯を食べる前に手を洗うけど、その他にもトイレの後、動物に触れた後にも手を洗おう」という言葉に

「うんうん」と真剣な表情で頷いていました。

 

その後は魔法のクリームを手に塗ってから、いつものように手を洗いました。

「指の間も洗うんだよ♪」

「よく洗わないと、ばい菌落ちないんだよ」と言いながら丁寧に洗っていました。

洗い終わったら今度は暗い部屋へ・・・

先程の魔法のクリームはブラックライトで光るクリームです。

洗い残しがあると、その部分が光ります。

 

手のひらは綺麗に洗うことが出来ていました。

下の写真の左側の手が看護師の手です。

看護師は水のみで洗いましたが、沢山光っているので洗い残しが沢山あったことになります。

 

手の甲を照らしてみると・・・

「光ってる!」「汚れが残ってる!」

子どもたちの言う通り、指や爪の間に洗い残しがありました。

「じゃあ、今度は正しい洗い方で洗ってみよう!」ということで手洗い場へ!

看護師の洗い方を真似して、今まで以上に丁寧に洗いました。

親指を洗う時には、「バイクにエンジンをかけるよ♪」

爪を洗う時には、「オオカミの手にするよ♪」と分かりやすく教えてくださいました。

再度暗い部屋へ行ってライトで確認すると、先ほどよりも光っていることがほとんどなく、綺麗に洗えていました!

子どもたちは手の洗い方をマスターしたようで、給食前の手洗いでも丁寧に洗うことができていましたよ。

これからどんどん感染症が流行る時期なので、しっかり手洗いをして、感染症対策をしていきたいと思います。

 

投稿者:金丸

 

 

 

カテゴリ:牛ヶ谷保育園 - 園のこだわり