園のこだわり

視力検査

2021.12.13

12月13日(月) ☼

 

今年度後期の検診が始まりました。

先日から始まった視力検査の様子をお伝えします。

 

子どもの目は、3歳6ヶ月ごろまでに視力1.0程度まで成長し、7歳ごろまでには完成すると言われています。

目の発達状況や以上の早期発見のため、幼児クラスになると年一回の視力検査が始まります。

 

すみれクラスのお友だちは、初めての視力検査。

 

まずは視力検査のやり方の確認です。

 

視力検査のランドルト環(Ⅽマーク)を見てもらうと、「見たことなーい」や「目の検査のやつ〜」と声が聞こえてきました。

 

園の視力検査は、大きなランドルト環を同じ形に合わせて、見えているか確認をします。

 

保育者同士で見本を見てもらってから

 

実際にやってみるとみんな上手に合わせることが出来ました。

 

次は、本番です。

 

トラやパンダのお面をつけて、片眼ずつ行います。

練習の時よりも小さなランドルト環を見て、「小さーい」と言いながらも

よ〜〜〜く見て同じ形に合わせることができていました。

 

 

後日、視力検査の結果をお渡しします。

園で行う視力検査は、発達の目安になる為、視力検査で指摘があった場合は

早期に眼科受診をお願いします。

 

 

寒くなり空気が澄んできたので夜は、星がきれいにみられる季節になりました。

しかも、今日はふたご座流星群がピークを迎えるそうです。

遠くをみることは、目を休めることになると言われています。

寒いので防寒対策をしながら、星空を眺めてみてはいかがですか?

心も目もリラックスできるかも知れませんね(#^.^#)

 

投稿者:看護師

 

カテゴリ:牛ヶ谷保育園 - 園のこだわり